BLOG

ブログ・挙式レポート

月別: 2017年7月

 

 

神前挙式の儀式一つひとつをクローズアップしていく記事も第4回目となりました☆☆

 

これまでの記事も併せてご覧頂いて、“当日のイメージ”をより具体的にシュミレーションしてみて下さいね^^

 

 

前回の最後にご紹介した8.玉串奉奠のあとに続きますのは、

 

9.神楽奏上(かぐらそうじょう)です☆

 

201612_okayamajinja_0379

2017_jinja_0162

 

神楽奏上は、雅楽の演奏に合わせ巫女様が舞いを奉納することです☆

 

実は、これは本来人に見せるための舞ではなく、「神楽」と呼ばれる神様に奉げるものとされています☆

 

ですが、貴重な舞を目の前で、列席の皆様と楽しむことのできるひと時です♪

 

お招きした列席の皆様に喜ばれそうですね♡^^

 

 

その後、 10.親族固めの盃(しんぞくがためのさかずき)へと移ります☆

 

201612_okayamajinja_0688

 

盃に御神酒が注がれ、ご両家のご親族全員で一気に飲み干します☆

 

この事で、ご両家が「親族として固まった」事が意味されます^^

 

 

お二人がご結婚なさる事で、そのご家族の皆様が「親族」となっていく、“人と人とのつながり”の始まりの

 

儀式です☆^^

 

 

目に見えないもの=つながりを慈しみ、それをこうして形として表すところがなんとも”日本らしい”と言いますか、

 

尊ささえ覚えます☆

 

神前式では、随所に「和の心」を感じることができるのが魅力ですね!^^

 

和婚が今、再注目されている訳はここにあるのかもしれません☆

 

 

 

こうして式の最後には

 

11.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)があり、挙式を司ったご神職様から、“無事にこの婚礼(儀式)を終えた”という

 

ご報告とお二人へのお祝いの言葉が贈られます^^☆

 

 

こうして、式が結ばれます☆☆

 

 

4回に渡ってお送りしましたが、以上が神前式の概要です☆

 

 

いかがでしたか?^^

 

 

ひとつひとつの儀式の運びやその意味合いを知っていると、より一層ひとつひとつ感慨深く心に刻まれるのではないか

 

と思います☆

 

こうしてあらためて学んでみると、神前式という日本の伝統的な婚礼は、お二人の絆がさらに深まる挙式だと

 

感じます♡

 

 

そんな神前式を、ぜひ兵庫神社婚で叶えて下さい♡^^

 

201611_okayamajinjakon_197

 

 

 

===========================================

この夏より、 「兵庫神社婚」と 名称をあらためました☆☆

姫路のみならず、ひろく兵庫での神社婚をサポートします^^

これまでとプラン内容などに変更はございません☆

今後ともよろしくお願い致します^^

===========================================

 

 

 

»Instagramも更新中!

»198,000円(税抜)で揃う和婚セット「兵庫神社婚」神戸・明石・姫路など兵庫県内の神社での挙式に

 

 

旬の”和婚”にちょっと興味はあるけれど、

「挙式ではどんなことをするの?」

「和婚挙式のことはよく知らないし・・・」

そんなあなたへ、和婚=神前式を少しずつ解説☆☆

 

古式ゆかしい神前式の世界をのぞいてみましょう☆☆

きっと、もっと、憧れの和婚があなたに近づきますよ^^

 

神前挙式(儀式)を学ぶ☆①」、「神前挙式(儀式)を学ぶ☆②」も併せてご覧ください^^

 

 

前回からつづきまして、5.三献の儀に続くのは

 

6.誓詞奏上(せいしそうじょう)です☆

 

201611_okayamajinja_0572

 

新郎新婦様が御神前に進み、誓いの言葉を読み上げます☆

 

お二人ご一緒に読み上げたり、新郎様が読み上げたのち、最後に新婦様がお名前だけを読み上げたりと

 

神社さんによってその読み上げ方は異なります☆

 

 

次は、7.指輪交換の儀です☆

 

201611_okayamajinja_0556

 

神前挙式でも、指輪の交換ができますよ〜^^

 

三方に指輪を載せて持って来て下さり、まず新郎様が新婦様の左手薬指に指輪を、次に同様にして新婦様が

 

新郎様へと贈ります♪

 

 

 

その後8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)へと移ります☆

 

201611_okayamajinja_0647

 

新郎新婦様が御神前に進み、「これからお二人をお守りください」という祈願を込めて、神様に玉串を捧げます☆

 

 

玉串は、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもので、神道には欠かせないものです☆

 

この玉串は、『たましい(魂)のくし』に由来しています☆

 

“真心を込めてお祈りをした後、そのお願いを確実なものとする為に、玉串に自分の心(魂)をのせて神様に捧げる”

 

というのがこの儀式です^^

 

 

玉串をお供えした後は、二礼拍手一礼をします☆

 

 

続いて媒酌人様、ご両家ご代表様と続いて奉奠します☆

 

 

もちろん玉串奉奠のお作法も、事前に丁寧に教えて頂けますのでどうぞご安心下さい^^

 

 

 

本日ご覧頂いた内容の流れとしましては、「先の誓詞奏上で決意を表明し、この玉串奉奠で神様にお願いする」という

 

事なんですね^^

 

 

儀式のひとつひとつにも意味が込められていて、日本の結婚式はとても尊いものですね☆^^

 

(つづく)

 

 

»Instagramも更新中!

»198,000円(税抜)で揃う和婚セット「兵庫神社婚」神戸・明石・姫路など兵庫県内の神社での挙式に

News

2018.1.6

2018年挙式のお客様のご予約受付中です。